BLOG

「歯並び悪い」を治すには?歯並びの種類別の原因と治療法を解説【後編】2023年9月25日


歯の健康を維持し、美しい歯並びを保つための方法

歯の健康や歯並びには、日常生活や食習慣など身近な要因が大きく影響します。ここでは、歯の健康を保つ方法や歯並びに関する考慮事項について詳しく説明します。

1. 生活習慣の見直し

食事習慣や日常のクセは、歯並びに大きな影響を与えることがあります。特に、硬い食べ物を過剰に摂取したり、顎や歯に負担をかける癖を持つことは歯並びの悪化につながります。そのため、生活習慣を改善することは、歯並びを改善する手段として非常に重要です。頬杖をつかないようにしたり、舌で前歯を押さないように心がけましょう。歯並びが既に悪いと感じている方も、生活習慣の改善によって進行を抑制できます。特に、指しゃぶりや爪を噛む習慣がある子供は、早めにこれらの癖を改善することで将来の歯並びの問題を予防できます。


2. 歯科矯正

歯並びの悪さが見た目や健康に影響を及ぼす場合、歯科矯正が選択肢として考えられます。部分矯正や全体矯正など、個々の状況に合わせて治療方法を検討しましょう。


3. 歯科矯正の種類

歯科矯正にはいくつかの種類があります。その中から以下のような選択肢が考えられます。

  • ワイヤータイプ: 歯にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、ワイヤーを通す方法です。通院が3~4週ごとに必要で、ワイヤーの調整を行いながら歯を移動させます。装着場所によって目立ち方が異なり、矯正治療後にはマウスピースを使用して後戻りを防ぐことが一般的です。

  • インビザラインタイプ: ワイヤーを使用せず、透明のマウスピースを装着して歯を移動させる治療方法です。通院は1~2ヶ月ごとに行います。マウスピースは取り外し可能で手入れが簡単です。透明なため、目立ちにくいのが特徴です。


4. 歯並びの評価

歯並びの悪さは自分で気づきやすいものですが、具体的な評価や治療の必要性を判断するのは難しいことがあります。そのため、専門の歯科医師に相談し、口腔写真やレントゲンなどの情報を基に評価を受けることをおすすめします。


5. 信頼できる歯医者の選択

歯科矯正治療は長期間にわたる場合があり、信頼できる歯医者を選ぶことが重要です。治療計画の説明やサポートが充実している歯医者を選びましょう。


まとめ

歯並びの問題は多様で、個々の原因や状況に応じたアプローチが必要です。歯の健康を維持するためには予防も大切ですが、既に悩みがある場合や健康上の問題がある場合は、専門の歯科医師に相談して適切な対策を検討しましょう。


矯正歯科なら刈谷市にあるNICO矯正歯科へ 〒448-0816
愛知県刈谷市半城土西町2丁目1-26
お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:0566-68-5721
WEB予約はこちらから
WEB予約
PageTop